だって好きなんでしょ

アイドルっておもしろいよ!

アイドルが歌うアイドル その2/悲しいほどにア・イ・ド・ル〜ガラスの靴〜

いやー、V6バク転しましたね、6人で@ベストアーティスト
衝撃が全国に走りましたよ。
いやー、じわじわくるよーまじで。
 
かっこよすぎる!!!!!!!
 
ツアーでもしなかったのに、ふいうちの6人でバク転って。できないんじゃなくて封印してたのか。なんだそれかっこよすぎる。
 
 
さぁ、アイドルが歌うアイドル、
に引き続き、第2弾は男性編。全国を賑わしたV6の三宅健くんのソロ曲です。
 

 

ネットの海でみつけてほしいのですが、健ちゃんはセクバニコンでかなり気合の入ったパフォーマンスを見せてます。ファン人気も高い、彼の代名詞的な曲です。
 
作詞作曲はdef techのmicroさん。いい曲つくる人ですよねー。ソロアルバム買ったなーいまどこにあるかな(笑)
 
今回の曲は長いので、つっこみたいところだけを抜粋します。ベリちゃんは絶賛しましたが、健ちゃんはところどころダサいので、おもしろがりつつ、リスペクトしつつお送りしたいと思います。
 
 
Let's dance tonight Ah feel all right
悲しいほどに ア・イ・ド・ル!!
Wouldn't be myself 虚像とリアル
その狭間で俺 生きていく
この曲は「健ちゃんがアイドルのリアルを歌うかっこよさ」「三宅健のプロ意識感じる」ってあたりが愛されてると思うのですが、わたしはちがいます。
わたしが愛してやまないのは、この「ア・イ・ド・ル」です。もっと言えば「・」です。
「ア・イ・ド・ル」と書くことでにじみ出るダサさ。これぞアイドルだと思う。しかも、ちゃんとア・イ・ド・ルって歌割りなところがぐっとくる。
 
そして「虚像とリアル」。アウトデラックスで「芸能人なんてみんな虚像」とおっしゃってたことが思い出されます。しみじみ。
 
 
ちやほやされても俺うぬぼれない するな 勘違い それいつの時代?
持ち上げられたって持ち上がらない 同じ景色じゃ No, 盛り上がらない
こういうこと表に出さなくてもいいのに、あえて出しちゃうタイプの男ですよね、三宅健は。そのロックな精神いいわー(笑)とがったアイドル最高。作詞microだけど、ここは三宅健のメッセージとぴったり重なってる気がします。
 
 
どこまでが現実で fantasy, これ?それ?あれ?どれ?マジ分かんない
はいはい、このあたりから軽くダサい。
テレビの中のme 生身のme もはや超fazzyでno boundary
生身のme!!!!!
この短さでこのインパクト、このダサさ。生身って(笑)言い方!!!
 
 
気の利いたポーズ 軽快なトーク 誰でもつとまるわけじゃない
so I'm 筋金入りエンターテイナー ah ha そことことん極めるだけ
エンターテイナーって自分で言って、照れくさくないのでしょうか(笑)
 
 
俺も君と同じように笑い 悩み 時には人知れず涙流し
また Lights Camera Action! Can't stop Won't stop
悲しいほどにアイドル
さっきまでのアッパーなテンションから、急に「俺も君と同じように」と語りが始まるんですよ。ゆさぶる〜!!!
そして、Lights Camera Actionという言葉がわたしは好きです(急)聞くだけで高まる。
 
 
Let's dance tonight Ah feel all righit
これだからやめられないのが ア・イ・ド・ル
Wouldn't be myself 2次元の世界で
はしゃぎ回って 今日も生きている
「はしゃぎ回って」という言葉にちらつく、黒いメッセージ。皮肉まじりのかんじ。どきどきしますね。
 
 
本当は君と 何ら変わらない普通の少年で男の子
恋の一つや二つ officialな関係 それさえも許されないの?
華やかなこの世界で 愛や夢と希望を振りまいて
演じている自分も決して嘘じゃない
「演じている自分も決して嘘じゃない」というフレーズが、この歌の深みだと思います。アイドルだって一人の人だ、別の顔があるみたいなとこまではまぁよくあるメッセージですよね。でもこの曲は「一人の人としての自分」と「アイドルとしての自分」を分けるのでなく、どっちも嘘じゃない、本物の自分として語っている。まさにno boundaryなわけです。境界はないぞと。
 
これはいちアイドルヲタとして日々感じていることですが、アイドルって自分を切り売りする職業だと思います。歌手なら歌、役者なら芝居、芸人なら笑いと、「芸」を売る人たちはたくさんいますよね。で、じゃあアイドルは何を売るんだって言ったら、「人生」だとわたしは思ってます。前に挙げた人たちも、その人の人生が芸ににじみ出ますから、人生を売りにしているとも言えます。だけど、アイドルは芸を通して人生を売りにするのではなくて、人生そのものを売りにしている。アイドルを好きになるって、顔や歌、踊りが入り口でも、最後にはその人そのもの、性格とか価値観とかそういうものを好きになることだと思います。その人の努力とか、挫折とか、そういうものまで、人生の物語まで好きになることなんてざらにある。
 
だから、アイドルにとって「アイドルとしての自分」と「一人の人としての自分」は裏と表ではないんだろうなと思います。グラデーションのような、分けられないものなんだろうな。
 
 
ベリちゃんの
にも共通するメッセージとして、彼ら、彼女たちはその狭間で苦しみ、悩んでるんだぞ、と。
そして、だけどやっぱりアイドルはやめられない、それでもアイドル  I love it。
 
 
はあ。。。アイドルたちがアイドルであることを愛しているっていうのが幸せで、感極まりますね。
 
何がいいって、こういう歌を歌うのがベリちゃんであり、三宅健であるっていうところなんです。決して王道アイドルではないと思うんですどっちも。
アイドルの中ではやんちゃというか、斜にかまえてるというか、やさぐれているというか(爆)
もちろん、アイドルとしての実力はすばらしいですからね。実力があるからこそやさぐれても許されるわけですから。
 
そんな彼、彼女たちだから、こういう歌もものにできるし、響く。反抗的で手をやいた生徒が卒業式の日に「ありがとな、先生」って急に言ってくれたときのようにぐっとくるわけですよ。
 
 
アイドルという存在の重み、深さを感じる曲です。ベリちゃんも健ちゃんもかっこいいぜー。